サマーツアーレポート2014 その3

こんにちはです。
引き続きムーミンファン向け特別ツアーの様子をレポートいたします。

ヘルシンキにて映画「かもめ食堂」でおなじみカフェスオミさんへ。シナモンロールなどのディナーをいただきます。
翌日5日目は朝からドキドキ…
なぜならムーミンキャラクターズ社を訪問するからです。
この超特別な企画はムーミンの作者トーベ・ヤンソンさんの姪であるソフィア・ヤンソンさんからのご招待で実現したものです。
IMG00249.jpg
海辺のオフィスはとっても素敵なのです~
でも、オフィスの中は観光地でないのでお写真は掲載できません。
ムーミンオフィシャルのFacebookに訪問の様子がアップされていました→ムーミンオフィシャルFacebook(2014年6月11日)に飛びます。
内装はさりげなく絵本の中みたいなデザインが施されていたり、とってもおしゃれ。
そして、壁一面のガラスケースの中には何十年も前のムーミングッズや、世界中のムーミングッズがずらりと並んでいるんですよ。
ソフィアさんからトーベさんの思い出のお話をお聞きしたりできるのも本当に貴重な機会です。

その後はヒルトンカラスタヤトルッパのバンケットルームへで豪華なランチ。
このお部屋は若き日のトーベ・ヤンソンの壁画でおおわれた特別ルームです。

おなかがいっぱいになった後はアテネウムのトーベ・ヤンソン展へ。
美術館のガイドさんとムーミン研究家の森下圭子さんに解説をいただきながら見学をしました。
この展覧会は10月より日本に巡回してきますが、海を超えられない(日本には来ない)展示物も多くある模様ですのでフィンランドに行く価値は十分ありますね!
IMG00253.jpg
この後はフリータイムです。

6日目は朝からムーミンショップさんに出かけました。
なんとこのツアーのムーミンファンのために30分早くオープンしてくださり、ゆっくりとお買い物を楽しむことができました。
お昼からは小説「ムーミンパパ海へ行く」の舞台になったといわれるソーダ―シャールの灯台へ
IMG00258.jpg
なんて雰囲気のある船長なんでしょう…船は貸切!そして今日は島も貸切です!
でも、あいにくの雨模様…
揺れる船内で食べるミートボールランチも「冒険」と前向きにとらえてくれたかしら…ムーミンファンの皆さま。
IMG00265.jpg
灯台からの景色。
島に着いたら、島の自然のことやムーミンパパが憧れた「灯台守の暮らし」がどういったものなのかお話を聞きました。
IMG00267.jpg
これは灯台の中の「スウィートルーム」。その昔この部屋に住んでいた素敵な夫婦の話も聞くことができます。是非皆さんにも聞いてもらいたいものです。
おやつはフィンランド式クレープを。ジャムと生クリームたっぷり!コーヒーでいただきます。
IMG00270.jpg
土砂降り!荒天は本当にあいにくだったのですが、この空と海の雰囲気は「ムーミンパパ海へ行く」そのものな気がしますね。
雨の中のピクニックをするムーミン一家が目に浮かびます。

夕食は皆さんそろってのディナー。
明日7日目は夕方出発までフリータイムの後、早くも日本に帰国となります。
PEIKKOからのおみやげプレゼントもお楽しみに~。
スポンサーサイト



コメント・お問い合わせはこちら

サマーツアーレポート2014 その2

こんにちはです。
引き続きムーミンファン向け特別ツアーの様子をレポートいたします。

ムーミンワールドでたっぷり遊んだ翌日は別名「スナフキンDAY!」
キヒニオの森の湖でいかだに乗ったり、トロッコで森を抜けたりして遊びます。
トロッコはこんな感じです。
IMG00226_201406111042232a6.jpg
これでレールの上を進んでいくと森の中を駆け抜けているような不思議な感覚になっていくんです。
木漏れ日のキラキラや空の青さ、吹いている風…ずっと漕いでいたいような気分になります。
IMG00229_20140611104226a34.jpg
今年は天気にも恵まれました最高!

スナフキンみたいにヤカンでコーヒーを沸かして、ちょっと一休み。
フィンランド人の森のおたのしみ?大きなソーセージ(マッカラ)をたき火で焼きます。
IMG00232_20140611104226c25.jpg
皮がバリッと割れるまで炙ると美味しいよ。

この日は森の中の寄宿舎のようなペンションに宿泊するというオプションもあり。
白夜の森での一夜はとても幻想的だったことでしょう。

翌日はタンペレにてムーミン谷博物館へ。
IMG00242.jpg
こちらではトーベ・ヤンソンの多くの原画のほか、トゥーリッキ・ピエティラ、ペンッティ・エイストラとの合作の立体造形が多く展示されています。
ムーミン物語が浮かんでくる人形たちは必見です。
IMG00239.jpg
↑こちらは一角に設けられた撮影コーナー。
水の上でムーミンたちの劇を見るような気分になれますね。

その後は旧ムーミン谷博物館の跡地へ。
なぜならそこにはかわいい銅像やムーミンショップさんがあるからです。ムーミンファン向けツアー、抜かりありません。
IMG00238.jpg
↑たまには後ろから。

タンペレではムーミンのファブリックでおなじみFinlaysonのファクトリーショップでお得なお買い物をしました。(㈱POS協賛)
新婚旅行の皆様!ムーミンのベットカバーやタオルがお勧めですよ。
コメント・お問い合わせはこちら

サマーツアーレポート2014 その1

こんにちはです。
ついに「ムーミンを訪ねてフィンランドの旅8日間」2014が先週出発となりました。
お申込み開始20分で完売!となったくらいですから本当にムーミンが好きなお客様が参加くださったのだなあと感動。
ご期待に添って満足していただけるようにとフィンツアーの添乗員さんとも身が引き締まる思いで出発&お見送りいたしました。

現地の様子が届きましたのでレポートします。
こちらは成田(もしくは関空)→ヘルシンキ→トゥルクと移動し、やっと着いたナーンタリスパホテル。
IMG00199.jpg
明るくていい感じです~…?この時間はなんと夜の7時。フィンランドはあと2週間ほどで夏至の白夜なんですね。
IMG00203.jpg
キラキラと陽が射して朝みたいですね。
ついついお散歩に行きたくなってしまいますが、明日はムーミンワールドで思いっきり遊ぶために皆様ゆっくりお休みになったそうです。

2日目
朝からムーミンワールドへ。
ここで一つ豆知識~ムーミンワールドは6月の上旬から8月の下旬までと、2月の1週間しか開園しないんです。
「いつかムーミンワールドに行きたい」って方は開園期間に行けるように調べていってくださいね。もちろん!私たちの企画ツアーでは開園期間にちゃーんと訪れます。
IMG00212.jpg
ムーミンワールドの入り口です。
この長ーい橋を渡って着いた島がムーミンワールドになっています。天気がとってもいいですね!
IMG00213.jpg
今年はムーミンの作者トーベ・ヤンソンさんの生誕100周年のメモリアルイヤー。記念ロゴとなる「TOVE100」の旗も立っていましたよ。
ムーミンワールドではおなじみのムーミンハウスが建っていて中に入れたり、岸辺に水浴び小屋があったり、ニョロニョロの迷路があったり…と散歩をしながら楽しむことができます。
IMG00216.jpg
子供はみんなムーミンが大好き!
パレードもないし、派手なショーもありません。ムーミンたちはムーミンワールドに暮らしていて、訪れたお客さんと一緒に楽しく過ごすんです。一緒に踊ったり、歌ったり…そこに境界線はありません。
IMG00220.jpg
森の中でスナフキンに遭遇!
サインを頼んだ日本人ファンにカタカナで「スナフキン」と書いてくれたそう。「あのスナフキンがっ!」と日本女子は胸キュン
キャラクターたちとの出会いのほかにも、ムーミングッズでいっぱいのお土産やさんや、ムーミンの特別な消印で届く郵便局などもありますよ。
コメント・お問い合わせはこちら

ウィンターツアーレポートその4

寝台列車にてロヴァニエミへ。サンタクロース村へと向かいます。
ここではサンタクロースと実際に会ってお話して、記念写真を撮ったり、サンタクロースからのお手紙をお願いすることができます。
北極圏との境界を跨いだり、ラップランド特製のランチをいただいたりしました。
ここにもiittalaのお店やmarimekkoのアウトレットショップがありますよ。
ってな具合で色々あって楽しいんです。とっても楽しいんですけどムーミン主体のツアーなので今回のレポートでは割愛しますね。

サンタクロース村を出たらこのロヴァニエミでの宿に向かいます。
ここでの宿泊はホテルや寝台列車とはまた一味違うファームステイです。
宿泊するファーム「VISATUPA」もムーミンにちょっと関係するところ。
日本のムーミンファンにはおなじみのムーミンベーカリー&カフェ。こちらのメニュー作りに協力されたミルカママの家族が運営しているファームなんですよ。
写真
食事はすべてママの手作り。素朴で美味しい家庭料理やお菓子たち。
一番近いお医者さんまで車で30分(!?)という人里離れたファームの中で何をするって?それはもちろん雪遊び。森も湖もあってとても広いんですから!
今年は少し暖かかったこともあり、雪が良くまとまります。ムーミン雪だるまも雪玉ランプも作り放題でした。
image(1)_20140227160804d87.jpg
↑さすがムーミンファン…上手い。

スキーをしたり、ソリで滑ったり、スノーモービルで森の中を駆け抜けたり!
image(5)_201402271701133a9.jpg
「ムーミン谷の冬」でミイが遊びまわったように元気に!?ムーミンみたいにちょっと戸惑いながら!?思う存分遊びます。
部屋の中ではトントゥ作りもしましたよ!皆さん個性が出てますね。
image(2)_201402271617541d6.jpg
↑集合写真

一番人気はサウナ!
ちょっと写真はありませんが、ファームのサウナは昔ながらのサウナで…
温まった後は水の中?いえいえ、雪の中?いえいえ、なんと凍った湖に飛び込みます!
湖の表面をくりぬいた中の水はじゃりじゃりの氷水…でもほとんどの方が絶叫しながらチャレンジしていました。「癖になりそう」という声も。

他にもたき火でパンケーキを焼くというワイルドなスナフキン体験。
RIMG0591.jpg
(↑こちらの写真は昨年の模様です)
焦げても美味しいよ。ある程度であればね!

アメジスト堀にも出かけました。
image(4)_201402271608072a4.jpg
雪上車で上る迫力と、山から見る景色は最高です。みんな盛り上がっておどけてますね。
普段はスナフキンなあなたも、ここだけはスニフのように頑張って!今年はこんな立派なアメジストも採れました!
image(3)_20140227160800bf7.jpg
↑これはすごい!

夜はファームの敷地内、凍った湖の上でオーロラ観測に挑戦。
今年はちょっと雲が厚くオーロラは見えなかったようで残念でしたが、寒さも感じさせず全日程楽しんでくださいました。
実際にフィンランドに行くことで感じた感覚や自分の中で湧き上がってきた気持ちや衝動。ふとムーミンの世界と交差した場面や気持ちがありましたらとっても嬉しく思います。
参加者の皆様ありがとうございました。


冬とはまた違った魅力夏のツアーの日程発表および申込み開始日については
3/17にこちらのブログで発表いたします!
今年はトーベ・ヤンソン100周年ということで夏はテーマを変えて2本のツアーを行う予定です。100周年だけの特別ですよ♪発表を楽しみに待っていてね。
コメント・お問い合わせはこちら

ウィンターツアーレポートその3

タンペレからヘルシンキへ!

ムーミンのマグカップでおなじみARABIAの工場見学へ!
RIMG0239_2014022518440032a.jpg
絵付けや彩色のことを聞いたり、大きな窯などを見ることができます。
その他皆さんがいつも魅せられている様子のショールーム。定番の商品から最新のものまでが素敵にテーブルコーディネイトされています。
image(2)_20140225184413284.jpg
100周年記念のマグカップもばっちりありました。沢山持っているムーミンのマグカップや食器たち。
こうやってコーディネイトを見ると参考になります。100周年のシリーズは春を感じるかわいい食卓になりますね!
image(3)_2014022518440508c.jpg
↑噂のメガネつきマグカップも厳重に展示…!
ARABIA工場にはアウトレットショップがあって、iittala、ARABIAなどの商品がずらーっとそろっている上、B級品もお手頃価格で購入することができます。
こちらでも割引クーポンをプレゼント♪
素敵なテーブルコーディネイトを見た後なので皆さん沢山お買い物をされていました。
日本までの配送も依頼できますので安心ですね。

お昼はヒルトンホテルのバンケットルームにて。
RIMG0275_20140225185300651.jpg
若き日のトーベ・ヤンソンが部屋中に描いた壁画・天井画の中でランチをいただきます。
柔らかく描かれた花たちは美しもあり、優しくもあり、そしてユーモアもある。ムーミンはいないけれどトーベさんの描く世界は一貫している…そんなことが感じていただけるのではないでしょうか。
image(4)_201402251844120be.jpg
こんな贅沢ないですよ~。

お食事の後はフリータイム!
冬のスペシャルとしてご希望の方にはマリメッコのファクトリーショップまでお連れしました。
image_20140225184412204.jpg
行く時によって品揃えにムラがあるそうですが、今年は生地からファッションアイテムから雑貨まで充実の品揃えだったようです。

夜は皆さん集合!
今夜の宿はホテルではなく寝台列車の中です。その名は「サンタクロースエクスプレス」
目が覚めたらラップランドに着いているんですよ。ワクワクしますね。
RIMG0310_20140225185910837.jpg
ちょっと狭いけど…
RIMG0311-2_20140225185911330.jpg
列車の揺れがドキドキと一緒になるこの感じを皆さん楽しんでくれたかな。



冬とはまた違った魅力夏のツアーの日程発表および申込み開始日については
3/17にこちらのブログで発表いたします!
今年はトーベ・ヤンソン100周年ということで夏はテーマを変えて2本のツアーを行う予定です。100周年だけの特別ですよ♪発表を楽しみに待っていてね。
コメント・お問い合わせはこちら
プロフィール

IhanatMuumit! ツアー

Ihanat Muumit!「イハナ ムーミ!」
(フィンランド語で「ムーミン大好き」の意)
ムーミンが大好きな方のためのプロジェクト。こちらはツアー企画をご紹介・ご案内するブログです。
[ご意見・お問い合わせはこちら]

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ダウンロード
日程表ダウンロードはこちら
リンク
検索フォーム
カウンター